クラシカルホメオパシー

 〜  和み nagomi 〜


















*ホメオパシーの真の癒し



その症状はどこからきているのでしょうか?

身体の中に原因となる部分があるからでしょうか?

検査をすれば、どういう状態かはすぐにわかります。

でも、検査結果が異常なしだったら?

薬を飲んでも良くならなかったら?


その症状が何を訴えているのか、もっと深く向き合う必要があります。

症状の背後にあるもの。

ホメオパシーでは、こちらにもフォーカスして考えます。


怒りや悲しみなどの感情をため込むと精神的に不安定になったりストレスが溜まります。

そういったストレスを身体の症状として出すことでバランスを保とうとしているところを

薬で何度も抑え続けると、別の場所にもっと重い形となって現れたりすることもあります。


ホメオパシーのレメディを飲んで起きてくることは 『 共鳴→ 解放 』 です。

精神的にも肉体的にも、良くない状態に固まってしまっている心身の波動と

同じ波動を持つレメディを摂ることで共鳴が起き、揺り動かされ、

これまでに押さえ込んできたもの、ため込んできたものが解放されて

身体症状や感情表現として出てくることがよくあります。


解放の後に起きてくることは『 調和 』です。

これまで とらわれ の状態にあったことに ふと気づいたり、

不自然な生き方をしていたことに気づいたりすることもあります。

それに気づくと、次第に自分らしくいられる方向を選択するようになったり、

自然と悪い生活習慣を改善するようになったりしながら、

その人本来の、調和の取れた健康状態を取り戻していくのです。


こころとからだの両方を同時に癒やすことができるホメオパシー。

ストレスフルな現代人すべての人におすすめしたい癒しです。


次ページでは『個人セッションってどんなことするの?』についてお伝えします。